コーヒーチェーン店&カフェのおすすめ人気スポット

人気コーヒーチェーンやカフェのおすすめスポットをご紹介しているサイトです。

【小樽】つい長居したくなる穴場カフェ3選

【小樽】つい長居したくなる穴場カフェ3選

歴史のある運河の街、小樽。
そんな小樽の食の楽しみは、お寿司や各種の甘いものというイメージがありますが、それだけではありません。

観光ガイドに載っては困るファンが数多くいるような、隠れ家的なカフェを訪れるのも楽しみ方の一つです。
それぞれのオーナーがイメージした世界観に引きこまれそうな、小樽の穴場カフェを3つご紹介します。

ウグイス バード ケージ

【所在地】小樽市緑1-20-11
営業時間:平日11:00~16:00、土・日・祝11:00~18:00
※現在は営業日の変更があった様子。要確認。

「ウグイスバードケージ」は小樽公園近くにある、古民家的な外観のおしゃれなカフェです。
オーナーが作り上げたという店内は木目と青い壁、棚に調味料などが並ぶ外国のパン屋さんのような雰囲気が広がっています。

地元の人に愛されている人気店で写真の撮影は禁止。古民家を改修した店舗は雑貨店と併設していて、店内に展示されているヴィンテージ雑貨やロングセラーのキッチンツール、陶器製のソープディッシュなどの品物は購入もできます。

メニューにあるものはすべて下ごしらえからこだわった手作りで、一つ一つを丁寧に作っていただけます。

【おすすめメニュー】

表面をカラメリゼにパリッと仕上げた「カボチャのプリン」(550円)がおすすめ。丁寧に裏ごしされた濃厚なプリンで、自家製の梨のアイスが添えてあります。コーヒー・カフェオレ・紅茶から選べるドリンクセットでは900円となっています。

【口コミ】

「オーナーの思いが伝わる店名に惹かれて訪問。古い一軒家で白を基調にやさしい色合いで統一された店内はシンプルに素朴に仕上げた感じです。素材そのままをプリンにしたようなかぼちゃのプリンは、舌触りは少し粗くて甘さは控えめです。しっかり苦味を強調したカラメルがアクセントになっています。ブレンドは香ばしく苦みの強いので、甘くなった口の中をさっぱりさせるのに適していました。鳥が羽を休めるように、少し疲れたらこちらのカフェでひと休み。おススメです」

「まだうすら寒い5月初旬にうかがいました。クロワッサンは、中はかなりバターがジューシーなのに外はカリッカリ。一緒に注文した栗のミルクティーは大きなカフェオレボールのなかにたっぷりと注がれ、栗の甘さがやさしい味です。桜のシフォンケーキはふかふかで柔らかいのに生地がしっとり。テイクアウトしたスコーンはざくざくとした食感で、口の中で砕けて粉に戻るような感じの丁寧な味でした。素材の下ごしらえからこだわって、ゆっくり時間をかけて準備されたのを感じました」

昭和の茶処 葦笛洞

【所在地】小樽市銭函2-30-3 自遊林内
営業時間:10:00~21:30 ※冬季は18:00まで
定休日:水曜日と第2・4木曜日

札幌から小樽へ向かう国道5号線に面した、銭函のモデルハウストベックスの敷地内にある隠れ家カフェ「昭和の茶処 葦笛洞(いてきどう)」。

小さな池や手造りの橋などがあり、店内の細部にいたるまで昭和ノスタルジアが漂う古民家カフェです。
この葦笛洞は、以前は病院だった建物をトベックス社が改装して2008年にオープンしたのだとか。

林に囲まれた店内には穏やかなクラシックが流れ、落ちつける空間となっています。
飾られている小物や家具のひとつひとつにレトロ感が溢れる雰囲気は満点。
昭和の時代にタイムスリップした気分が味わえ、時間の流れが普段過ごしている場所とは違って感じることができるかもしれません。

【おすすめメニュー】

マンダリンをベースにした酸味の少ない葦笛洞ブレンド(500円)と、その葦笛洞ブレンドで作っているという水出しアイスコーヒー(550円)。

アイスコーヒーは深煎りのコクと深みのある味わいですが、苦みは比較的強めです。

【口コミ】

「店内にはカフェ本や昭和の本もたくさんあり、デザートセットが運ばれるのをまったり待つことができました。お店のゆったりした雰囲気で味わえるという空間的な要素が強いと感じる場所。珈琲はやや深煎りで、この雰囲気にはばっちりでした。おかわりの珈琲も半額になるとのことで、一人で長居するのもよし、カップルでまったりするのもよし。ちょっとした現実逃避にはよさそうです」

「葦笛洞ブレンド(500円)をお願いしました。強めな香りを放つブレンドは、しっかりとした苦みと後味の甘さとコクがあってとても好印象でした。ここがご近所ならゆっくりとお昼と兼用で長い時間を過ごしたくなるような空間と、おいしいコーヒーをいただきました」

茶房おこばち

【所在地】小樽市色内1-12-4
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜

妙見川沿いにある寿司屋通りともいわれる「おこばち通り」。そんな通りの一角にある「茶房おこばち」は、気をつけていなければつい見逃してしまうような奥ゆかしい佇まいのカフェです。

白い漆喰の壁に腰の高さまである「腰壁」の店内は温もりを感じる雰囲気で、玄関で靴を脱ぐスタイルとなっています。また、木枠を使った窓には歪みのある昔のガラスを再現したものを使っているというこだわりです。

オーナー談では、「昭和30年代の小学校をイメージしたもの」とのこと。
お子さん連れでも問題なく利用できそうなカジュアルな雰囲気のお店です。

【おすすめメニュー】

温かい・冷たい、のどちらかを選べる「田舎しるこ(つぶあん)」は、単品650円でコーヒーセットでは900円となります。

浅煎りの豆を使って丁寧に淹れてもらえる「おこばちコーヒー」(450円)は、酸味もマイルドで苦みのほとんどない甘みが感じられるものになっています。

【口コミ】

「ぜんざいと珈琲のセット800円を注文。あずきはやわらかく炊けていて、甘さも程よい感じ。お餅もカリカリっとしていて香ばしくいただきました。珈琲は手でじっくり時間をかけて落とすタイプで、カップに入れた他にポットに入れて運んでくれました。たっぷり飲めますが、濃い珈琲という印象。マスターが丁寧に淹れてくれた珈琲でした」

「お寿司を食べた後にコーヒーを飲みました。穏やかで親しみやすいオーナーからこのお店の珈琲は飲みやすいと後押しされて、おこばちコーヒーを注文。おやつ付きで450円でした。高止まりな小樽の寿司店を食べ歩く中、ホッとして落ち着くお店でした。禁煙空間なのもゆっくりできるのでいい感じです。帰りにお店のお母さんとちらっとお話ししただけですが人柄のよさを感じ、とっても癒されました」

北海道の穴場カフェ

【江別】つい長居したくなる穴場カフェ3選

➡【北広島】つい長居したくなる穴場カフェ3選

【旭川】つい長居したくなる穴場カフェ3選

【札幌】つい長居したくなる穴場カフェ3選

おいしいコーヒー豆ランキング

珈琲きゃろっと

注文を受けてから焙煎してくれるから最高の状態で自宅に届く! 品質・鮮度・味・サービスどれをとってもトップクラスの通販コーヒー店。 『お試しセット』なら、新鮮で風味豊かなコーヒー豆をお得に手に入れることができます。

ロクメイコーヒー

スペシャルティコーヒーが4種類入ったセットがお得!個性の違うコーヒー豆を小分けで楽しめます。

ドイコーヒー

焙煎してもらう日を選べる、希少な通販店。 新鮮な証拠に、届いたコーヒー豆(粉)を使ってコーヒーを淹れるとモコモコと膨らみます。 市販品とはまったく違う風味を楽しみたい方におすすめ。

      2017/05/29

 - 北海道の穴場カフェ , ,